ハーブウォーターと水蒸気蒸留

ハーブ蒸留体験ができる札幌のアロマ教室です

札幌市手稲区のメディカルアロマ教室 Aroma Rosaでは(株)黄河社製のハーブ蒸溜器ピュアスティーラーライトを使った水蒸気蒸留の体験ができます。

 

水蒸気蒸留ってなぁに?と言う方はYouTube動画をぜひご覧ください。

 

まるで理科の実験のようなガラスの装置を使った蒸留は、ずっと見ていても飽きない楽しさがあります。お好きなハーブであなただけのオリジナルハーブウォーターを作ることができます。そしてハーブウォーターができるまでの工程を体験してみて下さい。

 

日頃アロマテラピーを楽しまれている方はもちろん、まだハーブ蒸留をしたことのないアロマセラピストの方、アロマ教室やハーブ教室の先生にもおすすめです。ご家庭で育てたハーブの有効活用にもどうぞ。

ハーブ蒸留 aromarosa

ハーブ蒸留体験講座はこちらをクリック

 

精油に負けるとも劣らない!ハーブウォーターの魅力

ハーブウォーターとは

ハーブウォーターとはハーブ(芳香植物)から水蒸気蒸留法によって得られる芳香成分を含む水溶液で、芳香蒸留水・ハイドロソル・イドロラ・イドロソール・フローラルウォーターなど色々な呼び名があります。

ハーブウォーターは精油を作る際に出来る副産物と言われる事が多いのですが、実は精油よりもその歴史は古く薬用として使われていました。

ハーブウォーターは精油に比べると芳香成分は微量ですが、薬理作用も残っていて且つ穏やかな作用なためハーブの香りを含んだ、刺激のない優しい化粧水として再注目され始めています。

精油には禁忌事項がありますがハーブウォーターにはあまりありません。ですから敏感肌の方や乳幼児、お年寄りまで安心して手軽に使う事ができます。また人だけではなく、犬や猫などのペットにも使う事ができます。

また、ハーブウォーターとハーブティーは芳香成分が似ていますが、その含有量はハーブティーに比べると10〜100倍の濃度があります。

ちなみにハーブウォーターは水にハーブを浸けて作る飲料水や、加湿器に入れるための精油に水を加えた合成のアロマウォーターとは異なりますのでご注意くださいね。

 

ハーブ蒸留

 

ピュアスティーラーライト

©︎Aroma Rosa

 

アロマテラピーの勉強をしたことのある方はご存知かと思いますが、精油を抽出するための最も多い方法が水蒸気蒸留法です。

水蒸気蒸留には3つの方法がありますが、Aroma Rosaでは水蒸留法(waterdistillation)の蒸留器ピュアスティーラーライトを使用しています。

ハーブなどの植物を蒸留釜にいれ、そこに水蒸気を当てて、植物に含まれている揮発性の成分を抽出します。植物から抽出した成分を含んだ蒸気は冷却され、精油とハーブウォーターが出てきます。

精油とハーブウォーターは同じ芳香植物から同じ抽出法で作られていますが、同じ香りであったり同じ成分が含まれているわけではありません。ですから精油との香りの違いや特性の違いも楽しむ事ができます。

また芳香成分を持たないハーブ(薬草)は精油を抽出する事ができませんが、揮発性の成分はあるので薬理作用を持つハーブウォーターとして利用する事ができます。

 

ハーブウォーターの利用法

ハーブウォーターの使い方は様々です。

  • 収れん、保湿作用のある化粧水として
  • ニキビケア
  • フケや痒みなど頭皮のケア
  • 皮膚の洗浄や消毒
  • 痒み止め
  • 日焼けした肌のケア
  • オムツかぶれ
  • 水虫など皮膚のトラブルに
  • 鎮痛
  • うがい薬
  • 目の洗浄
  • 風邪や気管支炎メンタルケアなどご家族の健康管理に
  • お風呂の芳香剤
  • デュフューザーに入れて芳香浴
  • ペットのノミ・ダニよけ

などなど・・・こんなにもたくさんの使い方道があります。

わが家では主に化粧水として、子供の傷の消毒、うがい、入浴剤として使っています。

 

精油に比べるとハーブウォーターの研究はまだほとんど進んでいませんが、心や体に優しく作用するハーブウォーターは今後の注目株であると期待されています。

ただし精油と同じように薬理作用を求めるのであれば、無農薬・有機農法で栽培されたハーブを使った混ざり物なしの成分分析がされた高品質なハーブウォーターを使う事が重要です。

ぜひあなたも便利なハーブウォーターを生活に取り入れてみてくださいね!

ハーブ蒸留 aromarosa

ハーブ蒸留体験講座はこちらをクリック

2018/11/08