アロマ ブログ

子供の副鼻腔炎や中耳炎にアロマ

2018/12/04

 

副鼻腔炎対策ブレンド

©︎aroma rosa

アロマとの出会い

私がアロマの勉強をするきっかけとなったのは、うちの子供の副鼻腔炎や滲出性中耳炎でした。

赤ちゃんの頃から毎週のように耳鼻科通い。小学生になってからも薬漬けの毎日。

滲出性中耳炎は治っても副鼻腔炎は治らない。このままでいいのだろうか・・・

 

耳鼻科の薬以外で副鼻腔炎を良くする方法がないかと模索していた時に思い出したのが、出産前に少しかじったアロマでした。

 

「そうだ!副鼻腔炎をアロマで何とかできないだろうか?」

 

そして香りを嗅いでリラックスするだけのアロマではなく、自然療法としてのアロマを知り「これだ!」と即座に色々調べたのです。

これが私とアロマの出会いです。

 

アロマテラピーは国内で成分分析された精油の薬理作用を利用して、体のちょっとした不調やメンタルヘルス、健康や美容などに役立てる自然療法なのです。

 

アロマで子供の副鼻腔炎対策

副鼻腔炎は副鼻腔に細菌やウィルスが感染する事などによって炎症がおこり、小さい子供にも多い鼻づまり鼻水頭痛歯の痛み中耳炎後鼻漏などさまざまな症状がおこります。

 

副鼻腔は鼻の付け根や頬骨のあたり、眉間の上などにあり意外と広範囲。

だから頭痛がしたり歯が痛くて虫歯だと勘違いしたりすることも。

子供だけではなく、大人になってから副鼻腔炎の辛い症状に悩まされる人が多いと感じます。

ちなみに私も大人になってから副鼻腔炎になった一人。風邪をひくと後鼻漏に悩まされるし、歯が痛いと勘違いして歯医者さんに行ったこともあります(笑)

 

副鼻腔炎にオススメのアロマとタイミング

副鼻腔炎や鼻炎にはユーカリ・ラディアタがオススメのアロマ(精油)だとメディカルアロマのセミナーで教わったので早速購入しました。

まずは子供の副鼻腔炎の症状が軽い時期にユーカリ・ラディアタを使ってみることに。

私の経験上、夏場は比較的副鼻腔炎の症状が落ち着く時なので、そのタイミングでアロマのお手当を開始しました。

症状が悪い時に急に処方されている薬を止めるのはちょっと待って!

副鼻腔炎の薬と併用し様子をみながら使っていきましょう。

そんな訳で副鼻腔炎にいいというユーカリ・ラディアタを子供と一緒に体験することにしました。

 

副鼻腔炎にユーカリ・ラディアタ

ユーカリ・ラディアタは数種類あるユーカリ精油の中でも一番刺激が少なく、小さい子供からお年寄りまで安心して使える精油です。

  • 鼻や咽喉などの粘膜の炎症を抑える
  • 痰を出す
  • 咳を鎮める
  • 痰や鼻水などの粘液を溶解する
  • ウィルスや細菌を抑える
  • 免疫力を調整する
  • 眠気を誘う作用

など色々な作用があります。一言で言えば風邪や副鼻腔炎などの辛い症状を抑えて、体をゆっくり休ませるという働きをしてくれるのです。

キャリアオイル(植物油)でユーカリ・ラディアタを希釈して副鼻腔のあたりにアロマブレンドオイルを塗ってみると、スーっとして鼻の奥にたまった鼻水がドバーッと出る感じがしました。鼻水が止まるというよりはたまったものを押し出してくれるような、そんなパワーを感じたのです!!!

※個人の感想です

 

副鼻腔炎の炎症を抑えつつ、痰や鼻水などを溶かし緩めて押し出してくれた!

 

私にとってのはじめてのアロマテラピーはとても衝撃的で感動的なものになりました!!!

それからアロマの勉強を本格的に始めたのですが、副鼻腔炎だけではなくアロマに出来る事の多さに驚き、その薬理作用に感動し多くの人に知ってもらいたいと思ったのでした。

 

 

 

副鼻腔炎対策アロマブレンド

さて季節の変わり目のこの時期、鼻がぐしゅぐしゅしてきた副鼻腔炎のうちの子供に作った我が家の『副鼻腔炎アロマブレンド』はこちらです。

  • ユーカリ・ラディアタ 14滴
  • ラヴィンツァラ 13滴
  • ティートゥリー 13滴
  • キャリアオイル 10ml一般的なアロマテラピーでは希釈濃度は1%までと書かれている事が多いのですが、メディカルアロマでは高品質な精油を使用し、高濃度でブレンドして少量を副鼻腔のあたりに直接皮膚塗布します。

高濃度でブレンドを作るには正しいアロマテラピーの知識が必要になります。

子供の副鼻腔炎をアロマで対処できるようになった私の経験を活かした、副鼻腔炎対策講座はこちらからご覧ください。

メディカルアロマ副鼻腔炎対策講座

今すぐクリック!

 

 

アロマで子供の中耳炎対策

 

子供の耳管は大人に比べて短く傾斜が緩やかなので、細菌やウィルスが入りやすいために中耳炎が起こります。

鼻をうまくかめないことも中耳炎に大きく関係してきます。

うちの子供がよく罹った滲出性中耳炎は、成長と共にだんだん罹らなくなりましたが、小さい頃はよく痛がったり熱を出したりで苦労しました。中耳炎が原因で深夜診療にかかったことも。

 

中耳炎の症状にはさらに痛みを鎮める働きのあるアロマをプラスして、耳の付け根近くにアロマブレンドオイルを塗布するといいでしょう。

 

 

後鼻漏にもアロマ

鼻水が喉の奥に流れてしまう後鼻漏。常に痰が絡んだ状態が続き、副鼻腔炎に伴うとても不快な症状のひとつです。

鼻水が出始めると後鼻漏になりやすい私は、ユーカリ・ラディアタやラヴィンツァラなどのアロマを1滴うがいに使います。

痰を取り除いたり、粘膜の炎症を抑える働きがあり、喉の奥に溜まったものがダーっと出てスッキリします。

※個人の感想です

ただしうがいに使うと刺激を感じることがありますので、敏感な方や小さいお子さんには注意をしてください。

 

 

 

最後に

アロマテラピーは自己責任のもと使用する自然療法です。

いくら自然のものと言ってもアロマテラピーを安心・安全に使うには正しい知識が必要になります。

そして高品質なアロマオイル(精油)を使う事がとても大切です。

アロマの基礎知識を学びながら、副鼻腔炎対策用アロマブレンドオイルを作る【副鼻腔炎対策講座】はコチラ↓

 

メディカルアロマ副鼻腔炎対策講座

 

 

 

 

-アロマ, ブログ
-, ,